×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


資格の種類(国家資格と民間資格)について・・・

資格 種類/国家資格 /民間資格 / 

資格の種類(国家資格と民間資格)


スポンサードリンク






資格の種類には大まかに分けて国家資格と民間資格とがあります。
国家資格とは、国家試験等によって個人の能力や技能を判定し、
特定の職務に従事する資格を付与するものとなっています。

国家資格は「国が法律に基づき国家試験などによって個人の能力や技能を判定し、
特定の職務に従事する資格を付与するもの」と定義されています。
逆に民間資格においては法律の裏付けがありません
また、民間資格といっても、公益法人や商工会議所が主催しているものから、
企業、スクールが運営しているものまで実に幅広い分野に渡って
民間資格の種類があります。
そこが国家資格と民間資格との大きな違いと言えます。

国家資格は、有資格者には、知識や技術が一定水準以上に達していることを国によって
認定されるものが国家資格と言います。

国家資格においては、「業務独占資格」「名称独占資格」「任用資格」の3つに
分類されます。

「業務独占資格」

資格取得者だけがその業務を行えるもので、医師や看護師、薬剤師、弁護士、
公認会計士、不動産鑑定士、測量士、建築士、騎手などが業務独占資格です。

「名称独占資格」

資格がなくても仕事は出来るものの、
資格取得者のみが名称を使用できるものになります。
取得していれば知識や技能の水準が証明されるものであり、
中小企業診断士や調理師、技能士などが「名称独占資格」となります。

「任用資格」

公務員試験に合格することによって与えられる資格のことです。

取得は困難ですが、国から職業的な地位を保障され、
社会的な信用度も高い資格になります。
中には講習だけで取れる資格もあります。
民間資格は、その名のとおり民間団体や企業が、
独自の審査基準を設けて任意で認定する資格のこと民間資格と言います。

企業によっては国家資格や公的資格と同様に知識や技能があるものとして
広く認知されている民間資格や、直接職業に結びつく民間資格もあり、
認知されている信用度、価値のレベルが高いほど資格取得が困難になっています。

しかし民間資格は法律によって制度化されていないので、
資格の有効度などに疑問符がつくこともあります。

関連サイト
   
今さら聞けない!バイトの見つけ方1(基本編)

今さら聞けない!バイトの見つけ方2

内職斡旋にはどんなものが?

バレア内職について?

資格取得するとなぜ良いか?

資格の種類(国家資格と民間資格)

人気資格ランキングをのぞいて見ると・・・

転職時に役立つ資格とは

資格取得の最短は専門学校で

資格取得に便利な通信講座

資格取得「ユーキャン」について

資格取得のための効率的な勉強方法1

資格取得のための効率的な勉強方法2

女性向け資格取得





〜〜 サイトのご案内 〜〜
◆美容関係◆


◆健康関係◆


◆ブランド関係◆

◆就職・転職関係◆


◆ファッション関係◆


◆旅行関係◆

◆保険関係◆

◆住宅・不動産関係◆

◆育児関係◆

◆料理関係◆

◆ショッピング関係◆

◆結婚関係◆

◆福祉関係◆

◆家電関係
◆娯楽・趣味関係◆

◆インターネット関係◆
◆季節もの関係◆


◆ローン・クレジット関係◆


◆話題・その他関係◆